ご挨拶

 この度は美容整体みらいのウェブサイトをご閲覧いただきありがとうございます。

 

日常での姿勢やデスクワーク、理不尽な人間関係による慢性的なストレス等々... 

疲労の原因は様々ですが、日々辛くなる不調を溜めては心まで病んでしまいますね。

 

わたしも実際にそのような原因で不調を患い辛い日々を送った事があります。

      

そんな辛さは誰よりも解ると自負しております。

 

最近では脳科学も進み、心と痛覚のメカニズムも解明されてきましたね。

 

実際に身体の異常がなくてもストレス等によって心が痛い!と言う命令を出すと本当に痛覚になってしまうというのです。

 

しかしながら今の世界でストレスを打破するのはなかなか難しい事です。

 

痛みというものは打撲や病気以外、ほとんどのものが筋肉の酸欠による発痛物質の分泌によって起こるものなのです。

 

日常の姿勢、ストレスは緊張状態を作り出し、身体は常に力の入った状態になります。

すると、いつしか血行を妨げて筋肉の酸欠を招く事になります

 

たとえ自分で力を抜いている!と思っても力が抜けていない状態というのはなかなか自分では解らないものです。

 

身体には伸びるための筋肉と縮むための筋肉があります。

 

無意識に力の入ったままだと縮むための筋肉は縮んだまま縺れた状態になってコリと呼ばれるモノに変わるのです。

 

コリは伸びるための筋肉に常に負荷をかけてしまうために色々な身体の不調を作ってしまいます。

 

みなさんは肩凝りと呼ばれるモノの実態をご存じでしょうか?

 

肩から背中には伸びるための筋肉が大半を占めています。

そのため、前側の縮んだ筋肉によって常に背中が引っ張られている痛みなのです。

 

なので実際には『肩コリ』より『肩張り』というのが正しいのです。

 

実は常識的となっている肩コリという言葉は夏目漱石が小説の中で作った造語が曲がりながらに伝わった言葉なのです。

 

ニコラテスラの発明品がエジソンが発明したものとして伝わっているのと同じですね(笑)

 

あと、骨盤が歪んでいる!というのも実際に筋肉のバランスの関係で左右の位置がずれているために起きている事です。

 

筋肉の調整と重力に抗う正しい姿勢、適度な運動で改善します。

 

ここで勘違いしてはいけないのは骨盤事態が歪んでいる!とか骨盤が開いている!・・落ち着いて簡単な理屈を知れば解るのですが、それは物理的な骨折なのです。

 

そんな場合は迷わず病院へ!

 

一つ一つ紐解いていけば、筋肉の酸欠を改善して血行を良くする事は全てが美容の基本に繋がるのです。

 

日々色々なストレスや身体への負荷による不調をひとりで悩まないでください。

 

身体の不調も心の疲労も緩和させるのがわたしの喜びです。

 

自分へのご褒美に是非わたしの居る美容整体院みらいにお立ち寄りください。